年配者にこそ、格安スマホを勧めたい!

格安SIMとセットした格安スマホは若年層向けのイメージがありますが、私は自分の親にこそ勧めたいですね。その理由はまず、親は機械に弱く現状ガラケーしか使えません。なのに、購入して年数が経ち、調子が悪くなって機種変更した時の端末代金の高さといったら…。前回の機種変更でも4万円ほど取られて目をむきました。昔は機種代金一括5000円程度で手に入ったのに、現状では機種代金だけならばスマホのほうが安いくらいです。

 

今度機種変更するならスマホかなという話になってはいますが、今度は高額のパケット定額料金がのしかかってきます。親にはメールと電話しか必要ないので、そのパケット料金はまるまる無駄遣いになってしまいます。

 

とはいえ、wifi運用というスマホのデータ通信をオフにして電話とSMSだけを利用するというスマホ中級者テクニックは、高齢の親には無理な話です。

 

今度親の携帯が壊れたらどうしよう…。と考えた結果、格安スマホに乗り換えたらいいのではないか、という結論にたどり着きました。もちろん、設定は全部私がやり、あとは使うだけの状態にして渡します。

 

スマホの仮想キーや発着信の方法には、もう慣れてもらうしかありません。電話ができ、メールができて、少しならネットも見られて高額なパケット料金を請求される心配がない。この点、年配者にはうってつけですね。いまだったら、使っているキャリアの電話番号をそのまま乗り換えられる格安スマホも増えてきたので、せっかく馴染んだ電話番号を変えなくてもいい、というメリットもあります。

 

年配の方も、ほんとうはスマホを使ってみたいと思っているんですよね。格安スマホの情報が、年金世代にも拡まっていくといいですね。