格安スマホの問題点は通話料

格安スマホは色々ありますよね。ほとんどの会社はその通信量プランに重点を置いてますが、何げにネックなのが通話料です。

 

大手キャリアは普通に加入するとバカ高いです。しかし色々な割引契約を利用することでバカ高いから高い程度になってます。その割引契約の中に通話し放題っていうのがあるので、キャリアでは通話料金って気にしなくていいんですよね。

 

逆に通話料金が問題になってくるのは格安スマホで、通話し放題のプランっていうのがほとんどないんです。

 

といっても今は無料通話アプリが沢山出回ってるので、通話なんてするの?って方もいるとは思いますが、やはり普通の音声通話に無料通話アプリの音声品質は勝てないんですよね。親しい間柄で他愛も無い話をするならともかく、仕事での連絡では使いものになりません。

 

普通に通話をするとネックになるのがその通話料の高さです。もちろん通話料金自体はキャリアでも発生しますが、かけ放題プランがあるのでセーフ、片や格安スマホ会社は30秒20円という料金で5分も話そうものなら200円です。

 

ある程度電話をかける人なら、この通話料で格安スマホにしてお得になった料金分ぐらいふっとんでしまうことになりかねません。まさに本末転倒です。

 

こういう方に実はお勧めなのがYmobileです。
他の格安スマホ会社より料金は高めなんですが、格安スマホ会社で唯一無料通話があるんです。基本プランの中に10分以内の通話は毎月300回まで無料というのがあります。

 

ちょっとした雑談や用件を伝えるだけなら5分もかかりませんし、一ヶ月で300回以上通話する人は少ないので実質無料状態です。

 

もちろんもっとかける、長電話したいった方には+1000円でかけ放題プランがあります。これは通話時間や回数などの制限のない完全なかけ放題なのでヘビーな使い方をする人も安心できます。

 

格安スマホっていうとその安さに目を惹かれがちですが、デメリットも結構あるので契約する際は気をつけてください。